インディアンになった


子供の頃TVで何度も放送されていた西部劇。

裸馬を自由に乗りこなすアメリカインディアンに憧れた。

『大草原を裸馬で駆け抜けたい』

そんな衝動に駆られ、乗馬を始めて1年半。

チャンスが訪れた。外乗での裸馬駆歩である。

相棒は『セバスチャン』威厳を感じる良い馬だ。

外乗同行者の興味津々の眼差しを背に受け、

舌呼とともに駆け出すセバスチャン。

タタターン・タタターン、尻が暴れる。

『まずい、落ちるかも』一瞬不安がよぎる。

ところがどうだ、次のステップからは不自然な揺れが消えていた。

馬の動きと腰が同調して、人馬一体のように感じる。

スローモーションのように風景が流れて行く。

『気持ちいい!最高だ』

馬上にはインディアン気分の自分がいた。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。